浮気症の嫁に離婚を切り出された時、不覚にも娘の言葉に涙した

浮気症の嫁に離婚を切り出された時、不覚にも娘の言葉に涙した

浮気症の嫁に離婚を切り出された時、不覚にも娘の言葉に涙した

1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします2013/11/15(金) 00:32:19.35ID:lCkmrF2n0

元嫁が何人もの男を囲ってるのは知っていたけど、俺はそれを見て見ぬフリをしてたんだ

まだ娘も小さかったし、小学校に入学するときに片親だと周りに馴染めないのではないかと思っていた

だから俺は表面的には嫁を労る良い夫を演じ、内心では常に嫁に対する嫌悪感を持っていた

そんなある日、俺は息抜きに娘と二人で温泉旅行に行ったんだよね

無論、旅行に行ったことは嫁に隠してた。嫁に隠れてコツコツと貯めたヘソクリを使って旅行に行ったんだよね

楽しかった

それで俺たち二人が家に帰ると、嫁と義父と義母が待っていたんだよね

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 00:44:44.59 ID:lCkmrF2n0

どうやら俺が娘と旅行に行ったことが嫁に知られていたらしい

娘に「もしかして嫁に言った?」と聞いても「言うわけないよ」という答えが帰ってきた

聞けば俺の浮気を疑った嫁が興信所に依頼して、そこで発覚したらしい

嫁は「裏切られた」と泣き喚いて、それを義母が介抱する。義父は何故か何も言わない

そんな感じで軽く修羅場になっていた

俺は上手い言い訳を考えたけど、焦燥は視野を狭め、精神的に追い込まれ、吃りながらも必死に身振り手振りを加えて嫁に弁解しようとしていた

だけど、嫁は聞く耳持たずでただ泣き喚くだけだった

電子書籍 コミック



54: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 00:59:37.89 ID:lCkmrF2n0

嫁を宥める俺と義母。娘は我関せずを決めこみ、次第にはゲームを始める始末。

それで徐々に嫁は落ち着きを取り戻していき、俺の人格を叩き始めた

最初は「女々しい」だの「気持ち悪い」だのそういう類の軽い罵倒だった

だけど徐々に激しくなり、終いには離婚話にまで飛躍した

そこで、ついに娘が嫁に視線を向けて言った

「そんなにお父さんのことが嫌いならもう別れればいいじゃん。いい加減うざいよ」

64: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 01:09:03.96 ID:lCkmrF2n0

その娘の言葉に一同ポカーン状態

だけど流石に親に対するその物言いは看過できないので、俺は娘に「母親に謝りなさい」と促した

だけど、娘は「お父さん、もう離婚したほうがいいよ」とだけ言い残して、自分の部屋に戻った

その日を境に嫁は「娘があんなこと言ったのは全てあんたが悪い」と俺を責め立て、夫婦喧嘩の割合と嫁の外泊の日数が一気に増えた

73: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 01:23:19.66 ID:lCkmrF2n0

それで必然的に俺と娘の二人の時間が増えるようになった

家族団欒。楽しかった

娘が学校の事を話したり、娘に勉強を教えたり、娘と一緒にゲームしたり、とにかく娘の話に耳を傾けることにした

そんなある時、ベロベロに酔っ払って帰ってきた嫁に離婚届けを突き付けられた

俺は娘が成人するまでは離婚するのは待ってほしいと嫁に頭を下げた

75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 01:26:11.01 ID:yo5blSEg0

なんでお前そんな下手に出てるん?

いくら娘のため言うたかて浮気性の嫁相手にそりゃないやろ

78: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 01:29:51.25 ID:lCkmrF2n0

俺自身が片親だったから娘に俺と同じような苦労をかけたくはなかった

だから待ってほしいと言ったんだけど、どうやら嫁の中では「俺が嫁を好きすぎるあまら別れたくない」という解釈になったようで、嫁は優越感に浸っていた

その日以来、少しでも嫁に反抗したりすると離婚届けをチラつかせ、脅してくるようになった

82: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 01:40:45.38 ID:lCkmrF2n0

そんなある時、俺は過労で倒れた

病院に運ばれたけど、点滴だけ打たれてその日で退院。そして、その日に娘が泣きながら俺に言ってきた

「お願い、お父さん。お母さんともう離婚してよ。また倒れるよ」

多分、父親の情けない姿に見てられなくなったんだろうね

それに今思い返してみると娘に離婚を進められる親って本当にクズだな

それでも娘には何不自由させたくないと思っていた俺は、娘の話を適当に聞き流していた

85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 01:54:24.23 ID:lCkmrF2n0

それで一昨年、無事に離婚しました

離婚時の娘の年齢は17歳。

俺は娘の意見を尊重させたかったから最後の話し合いの時に娘に「どっちに付いて行くか」を選ばせ、そのときに「お父さん」と即答してくれたことに感極まったよ

嫁は何故か最後まで娘の親権が欲しがっていて裁判にまですると言っていたのだが、今だに裁判所からの通知が来ない

それで何で俺を選んだのかを聞いたら「私を育ててくれたのはお父さんだから」と言ってくれた

嬉しかった

88: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 01:56:56.48 ID:lCkmrF2n0

それで明日の2時頃に娘の彼氏が我が家に遊びにくるそうなのですが、俺はどこかに出かけておいた方がいいかな?

あまり合わせたくはないでしょ

92: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 01:59:40.66 ID:lCkmrF2n0

>>87

養育費は男が女に払うものなんじゃないの?

女からも取れるの?

95: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 02:02:39.29 ID:lCkmrF2n0

>>91

娘の良いエピソードなら山ほどあるけど、元嫁との良いエピソードは皆無だぞ。なんで結婚したのかすら覚えてない

99: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 02:05:47.95 ID:NoB1MYpi0

>>88

来るって教えてくれたなら会わせたいんじゃないのかね

100: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 02:08:01.95 ID:lCkmrF2n0

>>99

やっぱりそうだよな。やべぇ、緊張するわ

スーツとかで出迎えたほうがいい?

103: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 02:13:39.13 ID:A5CKLrrs0

彼氏に酒をついであげれ

思わず恐縮するような優しい父親の器を見せてやれ

105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 02:14:25.33 ID:PtfTgURZ0

なんか泣いた

娘大事にしてやれ

106: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 02:14:30.06 ID:iDobnZEe0

>>100

お父さんがスーツじゃ彼氏は緊張どころじゃなくなるよ

107: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 02:16:42.75 ID:kv7KQXec0

>>100

ドカッと構えた方がいいよ

威嚇はしないでね

108: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 02:21:54.44 ID:iRnq31/E0

嫁が浮気してる時点で証拠叩きつけて慰謝料貰って離婚しろよ

109: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/11/15(金) 02:28:09.28 ID:lCkmrF2n0

おまいらありがとう。とりあえず普段着でいくわ。元嫁に対する復讐は娘の親権を奪うことで成立してるだろ。最後の最後まで娘の親権は絶対に譲らないとか駄々こねてたし

引用元: ・浮気症の嫁に離婚を切り出された時、不覚にも娘の言葉に涙した



続きを見る

痴話速報カテゴリの最新記事